韓国情報

韓国大手芸能事務所について YG.SM.JYP.Big Hit

はじめに

YouTubeのK-POPの成長に伴うファン層の
グローバル化の進行、中国でアイドルグループの
連続的なデビューで4大企画会社の合算
営業利益は2017年870億ウォン→ 2020年 3,000億ウォンまでになります!

グローバルストリーミング成長の恩恵に注目

entertainmentの株価は1%下落したが企業別
SM / JYP / YGはそれぞれ+4%/ – 6%/ – 1%に変動した。しかし今後の株価の流れは非常に肯定的です。第2四半期の企画会社の業績は、コンテンツに関連する注意の実績がほとんど進まなかった状況ではかなり良好でしたが、3大企画会社がすべて予想を満たしたり上回っていた場合はおそらく初めて!YouTubeの収益の成長に伴う売上高原価率の構造的な下落が業績に肯定的に作用してます。中長期的にはYouTube内のKーPOPの成長に伴うファン層のグローバル化の進行と中国のアイドルグループの連続的なデビューで4大企画会社の合算営業利益は2017年870億ウォン→2020年3,000億ウォンまで成長であり企画会社別•ビッグヒット2018年650億ウォ•SM2019年640億ウォン•JYP 2019年510億ウォン•YG 2020年530億ウォンなどと予想する。Netflixすべての権利だけでなく株式の売却などによるパートナーシップの強化にグローバルオリジナルコンテンツ制作への期待感もあります!

申し分なかった第2四半期の実績

芸能企画社の株価は平均1%下落しました。
SM / JYP / YGはそれぞれ+4%/ – 6%/ – 1%の変動しておりCUBEentertainmentは所属アーティストの熱愛説が浮上して16%下落しました。第2四半期の企画会社の業績は申し分なかったです。特に中国/コンテンツ関連企業の業績が予想比ほとんど下回ったがJYPは30%以上の実績を記録しSMは予想を小幅上回っておりYGは本業が多少不振にもかかわらず子会社YGプラスが黒字転換し予期しに準拠した。3大企画会社がすべて予想を満たしたり上回っていた場合はおそらく初めて。個別企業の業績を分析する前にYouTubeと売上原価率の注目する必要があると思います。YouTubeの登場と防弾少年団(BTS)のグローバルファン層拡大に伴う落水効果でKーPOPの認知度が急速に成長しておりこれはすぐに実績の高成長につながります。YouTubeチャンネルにアップロードするミュージックビデオの場合原価のほとんどがアルバム/音源実績で精算されIPが企画会社に帰属されるため営業利益率が90%水準と推定!

 

SM

1)YouTubeの売り上げ28億ウォン(去年は32億ウォン)

2)NCT /RedVelvetファン層成長などで別途の売上原価率が60.8%( – 5.8%p YoY)に下落した。YouTubeが売上原価率の影響は2%upでありYouTubeの成長がようやく開始の入り口であることを驚異的な成長が待ってます。EXOがカムバックする第3四半期には別枠で歴代最高水準の160億ウォンの営業利益。

 

JYP

2四半期の営業利益は91億ウォン予想(83億ウォン)を上回った、さらに第2四半期に反映されるものと
予想されTWICEの1月のショーケースの売上高が第3四半期に繰延された。関連営業利益は15億ウォン水準でこれを勘案する時営業利益は104億ウォン(OPM 31%)で30%水準の実績サプライズを記録した。特に2Q売上高原価率は、YouTubeの売上高は10億ウォンなどが反映され51.7%( – 5.5%p YoY)を記録したが大ヒットの去年原価率も55%であることを勘案すれば、史上最高水準です。まだアップデートTWICEの日本ツアーの売上高は、一度も反映されていないことを考慮すれば、2019年に予想営業利益500億ウォンも非常に保守的だという判断です。

 

YG

2四半期の営業利益は14億ウォンで予想に合致した。
子会社であるYG PLUSの2016年/ 2017年の営業赤字は
それぞれ68億ウォン/ 60億ウォンで使命が無色ほど
連結業績への負担だったが、第2四半期の営業利益が
1億ウォンで黒字転換に成功。
YouTubeの売上高は15億ウォンだったが、ちょうどこれだけ
の営業利益を記録。

 

各事務所売上 (2018)

YG entertainment

売上高 2858億Won

営業利益 287億Won

純利益 159億Won

営業利益率 10%  売上高純利益率5.5%

 

SM entertainment

売上高 6122億Won

営業利益 477億Won

純利益 234億Won

営業利益率7.7%

売上高純利益率3.8%

 

JYP entertainment

売上高 1248億Won

営業利益 287億Won

純利益 242億Won

営業利益率 22.9%

売上高純利益率 19.3%

 

Big Hit entertainment

売上高 2142億Won

営業利益 641億Won

純利益 502億Won

営業利益率 29.9%

売上高純利益率 23.4%

 

アルバムの売上高は急成長、音源著作権料は30%以上引き上げ見通し一つの音楽でアルバム/音源/動画などの音楽関連の売上高が発生するがYouTubeだけが急成長しているわけではありません。

 

最後に

4大企画会社の継続的な割合の拡大が有効

1)韓流2世代のアーティストたちの除隊サイクル

2)YouTubeやBTSによるグローバルファン層成長

3)中国のアイドルデビュー可視化などで企画会社の
傾向的な企業価値の上昇。

 

YG.SM.JYP.Big Hit

企画会社の合算営業利益は2017年
870億ウォン→2020年F 3,000億ウォンまで
成長であり企画会社別

-ビッグヒット2018年650億ウォン、

-SM 2019年640億ウォン、

-JYP 2019年510億ウォン、

-YG 2020年530億ウォンなどと予想される。
ドラマは中国がなくてもNetflixなどすべての権利/ 株式の売却などが具体化されグローバルオリジナル
コンテンツ制作への期待感が反映される。

企画会社はYouTubeの収益成長に伴う急な実績
改善が前半にかけて現れているが、さらに
9月から中国人だけで構成さアイドルグループが
順次デビューし中国のの売上高の本格的な成長。

 

画像:Pixabay

ABOUT ME
アバター
JIN24
시작이 반이다/韓国情報 発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA