韓国情報

アジア主要9ヶ国で韓国の旅行客が急上昇の理由

現在の状況

스카이스캐너는(スカイキャスナー)がアジアの主要な9カ国(日本、台湾、フィリピン、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア)の10月における韓国航空券を分析しました。その結果これらの国の全体の航空券の検索ボリューム中、人気アイドルグループのK-POP公演が開かれる10月26日〜29日に航空券の割合が約20%に達することが発見された。公演期間中の韓国フライト検索量は、日本と台湾が最も高く続いてフィリピン、シンガポール、香港の順となっています。

 

具体的にみると10月の韓国全体のチケットの検索に対するボリュームの公演期間検索の割合 が最も高い国は「フィリピン(34%)」となった。フィリピンでは最近、アイドルグループのメンバーの誕生日を祝うためにファンが凄いドローンショーを繰り広げ、全世界の注目を受けた。次にマレーシア(26%)、シンガポール(25%)、香港(19%)、インドネシア(19%)、台湾、ベトナム(18%)、日本(17%)の順となった。

 

アンケート

K-POPが韓国旅行の主な理由というのは、他の調査でも表示される。韓国観光公社(以下工事)は、8月30日〜9月24日、韓国観光広報8個の外国語サイトと海外支社SNSを介して最も好ましいK-popスターとK-popファンの韓国観光の経験・意向に関するアンケート調査を行った。この調査では、合計111カ国、1万2663人の外国人のK-POPファンが参加しました。

好まれるアイドル

全体の36.1%が1番好きなアイドルで「BTS」を挙げた。特にBTSは年齢が低いほど(10〜14歳69.1%、15〜19歳の53.7% 、20〜24歳38.4%)全世界の若い世代に幅広い人気を得ていることが調査の結果からも明らかです。EXO(10.4%)、Super Junior(8.2%)、BIGBANG(5.6%)、神話(신화)(3.0%)IU(2.7%)の順で評価が高かったです。

 

k-popの影響

韓国訪問経験者のほとんどK-POPの影響受けている。全回答者の67.9%(8593人)は、過去3年間の韓国訪問の経験があり、ほとんどは、K-popが韓国旅行の決定に影響(86.8%)を与えた。訪問者のうち、10代・20代の若い層が影響を受けた程度(15〜19歳92.3%、20〜24歳90.3%、25〜29歳88.2%)が特に高く、これらは本人自ら韓国観光を決定(79.3%) 、友人/恋人(47.7%)と一緒に韓国を観光する特徴を示してます。特にBTS(89.6%)、EXO(89.5%)を好むファンは、他のK-POPスターのファンに比べて相対的にK-popが韓国観光の決定に大きな影響を及ぼしました。

経済効果

韓国を訪問したK-POPファンたちは「K-POPスターグッズや関連商品(衣装、アクセサリーなど)の購入(57.9%)」にも積極的だったが「地下鉄、建物電光掲示板などK-popスター広告現場訪問(46.5%) 、企画会社または事務所の公式グッズ販売店訪問(42.8%)「ミュージックビデオ撮影地、K-popスターが訪れたお店などの関連場所を訪問する(36.4%)」など。
K-POPスターへの関心は、2010年代後半から
最も好ましいK-POPスターの最初の関心を持った時期は、2015年(11.5%)、2016年(13.6%)、2017年(15.9%)、2018年(10.1%)などで、比較的最近であることが分かりました。K-POPスターを知ったきっかけ、YouTube(プログラムのビデオクリップ、ミュージックビデオなど)が30.6%で最も多くて、TV(ドラマ、バラエティ番組など韓国番組の視聴)(29.4%)、家族、知人(職場の同僚を含む)の紹介(16.2%)の順。好ましいK-POPスター関連コンテンツを接するために、現在主に利用するチャンネルは、YouTube(37.6%)とSNS(37.5%)で、オンラインチャネルを利用した割合が比較的高かったです。

​最後に

外国人のK-POPファンはK-popのほか、興味のある韓国文化(重複回答)として食品(82.7%)、ドラマ(79.1%)、芸能(65.4%)、韓国語・ハングル(63.8%)、ビューティー(63.7%)などを挙げた「K-popのほか、興味のある韓国文化がない」との回答は0.7%に過ぎなかったです。

このことからK-POPの及ぼす影響が韓国にとってプラスにはたらいていることがわかります。

 

画像:Pixabay

ABOUT ME
アバター
JIN24
시작이 반이다/韓国情報 発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA